Watch Search -腕時計検索-

G-SHOCK(ジーショック,Gショック)

GW-B5600FB-4JR
メーカー希望小売価格 : 28,000 円 (税抜)
品番 : GW-B5600FB-4JR
タイプ : MEN
スタイル : ファッション /  デザイン /  その他
ケース形状 : スクエア
機能 : デイデイト /  クロノグラフ /  電波 /  ソーラー
過酷で「タフ」な環境下で活躍する男達を手元からサポートするG-SHOCKと2018年に発足50周年を迎えた神戸市消防局救助隊とのコラボレーションモデルが登場。

ベースモデルには、いつ、いかなる状況においても、正確な時刻・情報を必要とする消防隊員の活動を支える機能を搭載しながらも、コンパクトなスクエアケースのGW-B5600を採用。今回は裏蓋や遊環、美錠にもチタンを採用することで、軽量化も図っています。
機能面では正確な時刻精度を追求し、Bluetooth®通信機能と、世界6局の標準電波に対応するマルチバンド6を搭載。また専用アプリケーションG-SHOCK Connected※と時計のボタン操作の連携で、その時点の時間と場所をアプリの地図上にスタンプ。タイトル編集しログデータとして管理することができ、消防、救助活動の行動記録にも役立ちます。
また、カシオ独自の省電力技術によるタフソーラーで、安定的な駆動を可能にし、高輝度なフルオートLEDバックライトやワールドタイムなどの実用性も備えます。
デザイン面は神戸市消防局の全面協力により、こだわりのカラーリングに仕上げました。当局の専任救助隊・特別高度救助隊が着用する防火服をモチーフにし、ベースカラーにはオレンジを、文字板の色埋め部分やバンドのデザイン部分にはネイビーを、バンド裏面にはビビッドなイエローを採用しました。バンドには救助隊必携のロープ、バックライト部には、もやい結びとカラビナを象徴したデザインを施し、神戸市消防局の消防章を裏蓋に刻印。また、パッケージは、外箱に消防車のカラーをイメージしたレッドを採用、内箱はヘルメットをイメージしたホワイトに「鋭い目で要救助者を見つけ出し、一度つかんだら決して離さない」という救助隊の姿勢を表現したイーグルロゴをあしらいました。細部に至るまで隊員たちの熱い思いと矜持を表現しています。
常に「タフ」であることを求められ、過酷な環境に立ち向かい続けるG-SHOCKと消防隊員のスピリットが共鳴して誕生したコラボレーションモデルです。
世界6局(日本2局、中国、アメリカ、イギリス、ドイツ)の標準電波を受信し、時刻を自動修正するマルチバンド6
タフソーラー
暗所である一定の角度、腕を傾けるだけでバックライトが点灯する高輝度なフルオートLEDバックライト
スマートフォンリンク(約300都市+オリジナル都市のワールドタイム設定、自動時刻修正、簡単時計設定、リマインダー、タイム&プレイス、携帯電話探索、バッテリーインジケーター表示(7段階で表示))
ワールドタイム5本
6ヵ国語(英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語)の曜日表示

※ G-SHOCKスマートフォンリンクモデル専用のアプリケーション。スマートフォンと連携して、自動時刻修正、ワールドタイムなどの時刻設定をBluetooth®接続に対応した「Connected エンジン」と接続して、世界中で、最新のタイムゾーン、サマータイム情報を反映した時刻を表示。タフソーラーの搭載により、強負荷のかかる機能のソーラー駆動を実現。

【神戸市消防局救助隊】
2018年、神戸市消防局の救助隊(レスキュー隊)は発足から50年目を迎えた。1968年に“消防専任救助隊”の名称で発足して以来、火災現場での人命救助に加えて、水難救助や山岳救助にも出動し、神戸の街・山・海を半世紀にわたり守ってきた。
1995年には阪神・淡路大震災が神戸を直撃。以降はその経験と想いを胸に、東日本大震災や熊本地震など国内の大規模災害にも派遣され人命救助活動にあたっている。
関連コンテンツ
その他のG-SHOCK(ジーショック,Gショック)モデルはこちら
G-SHOCK(ジーショック,Gショック) 新着情報